コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェール・シャー Shēr Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

シェール・シャー【Shēr Shāh】

1472‐1545
北インドのスール朝(1538‐55)の創始者。在位1538‐45年。もとの名はファリード・ハーンFarīd Khān。ビハールにいたアフガン系の小領主の子に生まれる。青年のころトラを倒したことから,シェール・ハーン(シェールは〈トラ〉の意)と呼ばれた。のちムガル帝国の始祖バーブルのもとに仕える。第2代皇帝フマーユーンの時代になると,ビハール一帯に勢力を拡大し,1538年にはビハール,ベンガル全域を支配,事実上,独立王国(スール朝)を建て,シェール・シャーと名のった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシェール・シャーの言及

【デリー】より

…同朝のフィーローザーバード(1354建)はオールド・デリー南東郊に一挙に北上した。続いてスール朝のシェール・シャーにより1541年建設され,ムガル朝第2代皇帝フマーユーンにより改修されたのがプラーナー・キラーで,フマーユーンはここで死去し,その南方にあるフマーユーン廟に葬られた。 彼以後ムガル朝の首都はデリーを離れたが,第5代皇帝シャー・ジャハーンはアーグラからデリーに首都を移し,シャージャハーナーバードを建設した。…

※「シェール・シャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェール・シャーの関連キーワードインド・イスラム文化バハードゥル・シャーシェール・シャーバイラム・ハーンロータス城塞ササラームバティンダアクバルライセンラクナウブクサル

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android