コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンブルン宮 シェーンブルンきゅう

大辞林 第三版の解説

シェーンブルンきゅう【シェーンブルン宮】

ウィーンにあるバロック様式の宮殿。一七世紀末に着工。一八世紀、マリア=テレジアの時代に完成。内部はロココ様式で飾られ、人工池・花壇・森林・動物園などのあるフランス式庭園に囲まれた大規模な宮殿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シェーンブルン宮の関連キーワードヒルデブラント(Johann Lukas von Hildebrandt)シェーンブルン宮殿前のクリスマスマーケットフィッシャー・フォン・エルラハシェーンブルン宮殿と庭園群ウィーン(オーストリア)ヴェルサイユの宮殿と庭園シェーンブルン宮殿庭園フランツ・ヨーゼフ1世モーツァルト(年譜)レオポルト[1世]ハプスブルク[家]シェーンブルン離宮シェーンブルン宮殿エステルハジー宮殿マリア・テレジアフランス式庭園バロック美術バロック様式ロココ様式テレジア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android