コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンヘル Schönherr, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーンヘル
Schönherr, Karl

[生]1867.2.24. チロル,アクサムス
[没]1943.3.15. ウィーン
オーストリアの劇作家。医師を開業するかたわら詩を書いていたが,劇作に転じた。郷土主義作家として傑出。宗教と愛国心の葛藤を主題にした戯曲『信仰とふるさと』 Glaube und Heimat (1910) は大成功を収め,宗教論争を巻起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェーンヘル
しぇーんへる
Karl Schnherr
(1867―1943)

オーストリアの劇作家、郷土文学作家。アクサムス(チロール)に生まれウィーンで医師となる。1905年以後創作活動に専念し、郷土の歴史や民俗に題材を求めつつ社会的な問題を扱う戯曲を多く残す。彼の自然主義文学はチロールの民衆劇の伝統との結び付きや郷土美化の傾向を示すが、また表現主義的要素も認められる。代表作『信仰と故郷』(1910)は、反宗教改革時代のチロールの新教徒農民の内面の葛藤(かっとう)が内容である。ほかに『大地』(1907)など。[鈴木隆雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェーンヘルの関連キーワードアーク加熱2月24日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android