コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量 Schönberg-Chandrasekhar's limiting mass

法則の辞典の解説

シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量【Schönberg-Chandrasekhar's limiting mass】

星の自己重力による収縮に対し,電子の縮退圧によって力学的平衡を保つことが可能な質量で,太陽の質量の約1.44倍に当たる.星の進化につれて内部は高密度となって電子の縮退が起こり,その縮退圧によって力学的平衡が保たれる.やがて核エネルギーが消費しつくされたとき,質量がこの限界質量よりも小さければ白色矮星になり,大きければ超新星爆発を起こす.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android