コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量 Schönberg-Chandrasekhar's limiting mass

1件 の用語解説(シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量【Schönberg-Chandrasekhar's limiting mass】

星の自己重力による収縮に対し,電子の縮退圧によって力学的平衡を保つことが可能な質量で,太陽の質量の約1.44倍に当たる.星の進化につれて内部は高密度となって電子の縮退が起こり,その縮退圧によって力学的平衡が保たれる.やがて核エネルギーが消費しつくされたとき,質量がこの限界質量よりも小さければ白色矮星になり,大きければ超新星爆発を起こす.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェーンベルク‐チャンドラセカールの限界質量の関連キーワードブラックホール重力波中性子星チャンドラセカール限界粒子流シンクレースケルヴィン収縮ジーンズ質量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone