コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエサ・デ・レオン Pedro Cieza de León

世界大百科事典 第2版の解説

シエサ・デ・レオン【Pedro Cieza de León】

1518?‐54
スペイン人コンキスタドール。1535年ころカルタヘナ(現,コロンビア)に渡る。47年G.ピサロの反乱を鎮圧する王室軍隊の一員としてペルーへ渡る。のち王室軍の指揮官ガスカより記録者(クロニスタ)に任命され,《ペルー誌》を執筆。4部から成るこの作品は一部が散逸したり不完全であったりするが,インカ帝国に関する優れた資料であり,ペルー内乱に関しても客観的に記述されており,信憑性は高い。1550年末スペインへ帰り,《ペルー誌》第1部の公刊(1553年3月)後,病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シエサ・デ・レオンの関連キーワードサクサワマンインカ文化ピサロ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android