シエナ花崗岩(読み)シエナかこうがん(英語表記)syene granite

岩石学辞典の解説

シエナ花崗岩

エジプトのシエナ(Syene : アスワンの古い地名)に産出する角閃石および黒雲母花崗岩のことで[Werner : 1788],ウェルナーはドレスデン近くのプラウエンシェル・グルント(Plauen'scher Grund)の岩石と同じ組成と推定した.このドレスデンの岩石は閃長岩(syenite)と呼ばれタイプとなった[Tomkeieff : 1983].この名称は閃長花崗岩(syenogranite)とは異なったものである.現在は使用されない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android