シエナ花崗岩(読み)シエナかこうがん(英語表記)syene granite

岩石学辞典の解説

シエナ花崗岩

エジプトのシエナ(Syene : アスワンの古い地名)に産出する角閃石および黒雲母花崗岩のことで[Werner : 1788],ウェルナーはドレスデン近くのプラウエンシェル・グルント(Plauen'scher Grund)の岩石と同じ組成と推定した.このドレスデンの岩石は閃長岩(syenite)と呼ばれタイプとなった[Tomkeieff : 1983].この名称は閃長花崗岩(syenogranite)とは異なったものである.現在は使用されない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android