コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエラレオネ国際戦犯法廷

1件 の用語解説(シエラレオネ国際戦犯法廷の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シエラレオネ国際戦犯法廷

集団殺害など国際人道法に違反する罪を犯した個人を裁くため国際社会が設置した裁判所が国際戦犯法廷で、シエラレオネ内戦中の戦争犯罪などを対象に02年、政府と国連が合同で設置した。反政府勢力幹部や元内相ら計13人が起訴された。死亡した被告や亡命したテーラー被告ら4人を除く9人の裁判が04年から順次始まったが、全員が無罪を主張している。裁判官は11人で、死刑は適用されない。

(2006-04-01 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シエラレオネ国際戦犯法廷の関連情報