コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオガマギク(塩竈菊) シオガマギクPedicularis resupinata; lousewort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオガマギク(塩竈菊)
シオガマギク
Pedicularis resupinata; lousewort

ゴマノハグサ科の多年草で,アジア東部の温帯に広く分布する。山地日当りのよい草地に生える。高さ 30~60cmほどになる。葉は互生または対生し,狭卵形で先はとがり長さ4~9cm,縁にあらく深い鋸歯がある。8~10月頃,茎の頂部に重なり合った小さな包葉の間に紅紫色の花をつける。花冠は唇形で長さ約 2cmほどあり,一方にねじれる。日本の高山には同属のミヤマシオガマヨツバシオガマ (四葉塩竈) タカネシオガマなどがあるが,シオガマギクはあまり高地にはみられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シオガマギク【シオガマギク(塩竈菊) Pedicularis resupinata L.var.oppositifolia Miq.】

山地の日当りのよい草原に生えるゴマノハグサ科の半寄生の多年草(イラスト)。地下で多くの茎に分かれて株立ちとなり,高さ25~60cm。葉は下部のものは対生し,上部で互生する。葉身は狭卵形,基部は丸みのある切形(せつけい),長さ4~9cm,幅1~2cm,縁に重鋸歯がある。8~9月,枝先に集まった苞葉のわきごとに,紅紫色の花をつける。萼は筒形で腹面が深く裂ける。唇形花冠は長さ約2cm,下唇が斜めに広がって先が3浅裂し,上唇は鎌形に曲がって先がくちばし状にとがる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android