シオマネキ(潮招)(読み)シオマネキ(英語表記)Uca arcuata

世界大百科事典 第2版の解説

シオマネキ【シオマネキ(潮招) Uca arcuata】

雄のいずれか片方のはさみ脚が異常に大きい殻綱スナガニ科のカニ。甲幅3cmに達し,甲は前方が広く,後方が強く狭まっている。暗青緑色で甲の中央にの網目模様がある。はさみは赤褐色。有明海沿岸から鹿児島,宮崎種子島,朝鮮半島南部,中国北部に分布する。インド洋,南太平洋に分布していて同種とされていたものは,ごく近縁のヤエヤマシオマネキU.dussumieriかリュウキュウシオマネキU.coarctataの誤りである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシオマネキ(潮招)の言及

【ディスプレー】より

…逆に体を丸めて小さくなったり,ひっくり返って腹をみせるなどは服従のディスプレーとなる。具体例をあげれば,ある種のシオマネキの雄は,大きな一方のはさみを自分の体の前で振って求愛のディスプレーをするが,威嚇のディスプレーでは,左右のはさみを外側に向け,ちょうど手を開いたような形をとって,体を大きく見せる。のどから胸にかけて黒い羽をもつシジュウカラは,威嚇の際には頭を上げ胸を張り,この模様が目だつようにディスプレーするが,この模様がないアオガラは,頭部を前に突き出して,頭の色を目だたせる。…

※「シオマネキ(潮招)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android