シクスツス1世(読み)シクスツスいっせい(英語表記)Sixtus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクスツス1世
シクスツスいっせい
Sixtus I

[生]?. ローマ?
[没]125頃. ローマ?
ローマ出身とされる第7代教皇在位 115頃~125頃)。聖人。教皇アレクサンデル1世(在位 109頃~116)の後任者として,ローマ皇帝ハドリアヌス(在位 117~138)統治下で教皇に登位した。登位と退位の時期については説が分かれているが,在位期間が 9~10年という点では一致している。殉教したかは確認されていない。祝日は 4月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android