コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクスツス3世 シクスツスさんせいSixtus III; Xystus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクスツス3世
シクスツスさんせい
Sixtus III; Xystus III

[生]?. ローマ
[没]440.8.19. ローマ
ローマ出身の第44代教皇(在位 432~440)。聖人。432年7月に教皇ケレスチヌス1世(在位 422~432)を引き継いで登位する前は,ローマの主任司祭であった。異端のペラギウス説を擁護していると疑われたが,教皇に登位するとペラギウス派のローマ教会復帰を拒絶した。調停者として優れ,431年のエフェソス公会議後にアレクサンドリア総大司教キリルとアンチオキアの総大司教ヨハネスの間で起こったキリスト論の論争を解決し,教会内に平和を取り戻した。東方教会とは平穏な関係を保ち,イリリア(バルカン半島北西部)における教皇の権力を維持した。また,410年に西ゴート族(→ゴート人)に破壊されたローマの重要な建築物の再建計画に資金援助を行ない,サンタ・マリア・マジョーレ聖堂も再建させた。祝日は 3月28日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シクスツス3世の関連キーワードサンタ・マリア・マジョーレ聖堂[ローマ]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android