コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シクラス遺跡

1件 の用語解説(シクラス遺跡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シクラス遺跡

ペルーの首都リマの北約100キロにある石造建築遺構。日本の専門家グループらが昨年夏に調査し、放射性炭素年代測定で約4800年前との結果が出た。近くにあるカラル遺跡(約4600年前)を上回る米大陸最古級の建築遺構である可能性が指摘されている。

(2006-06-21 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シクラス遺跡の関連キーワードアレキパピンマナムツヘタリマチェルノブイリ秘露シュマルナ山パチャカマペルージュペルメル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone