シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム(読み)シクロヘキシルスルファミンさんナトリウム(英語表記)cyclohexylsulfamic acid sodium salt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム
シクロヘキシルスルファミンさんナトリウム
cyclohexylsulfamic acid sodium salt

C6H12NO3SNa 。シクラミン酸ナトリウム (サイクラミン酸ナトリウム) ,チクロとも呼ばれる。シクロヘキシルアミンから合成される甘味結晶。ショ糖の 30倍の甘味をもち,100ppm の濃度の水溶液でも甘味を検知できる。カロリーのない人工甘味料として用いられたが,発癌の危険性が指摘されて 1969年使用が禁止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シクロヘキシルスルファミンさん‐ナトリウム【シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム】

〘名〙 (Natriumcyclohexylsulfamate) 人工甘味料の一つ。白色結晶。甘味が庶糖によく似ており、サッカリンのような苦みもないため、一九四四年の発見以来広く用いられたが、染色体に異常を生じるなどの毒性が問題になり、一九六八年使用禁止。チクロ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムの言及

【チクロ】より

シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウムsodium cyclohexylsulfamateあるいはサイクラミン酸ナトリウムsodium cyclamateとも呼ばれる。合成甘味料の一種で,ショ糖の約30倍の甘みをもつ。…

※「シクロヘキシルスルファミン酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android