コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シコタンソウ(色丹草) シコタンソウSaxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シコタンソウ(色丹草)
シコタンソウ
Saxifraga cherlerioides var. rebunshirensis

ユキノシタ科の小型の多年草。本州中部以北や北海道の高山帯千島サハリンなどの岩地に生える。地下茎は細長く横にはい,地上茎はごく短くて葉は密生する。葉は長さ6~15mm,披針形またはへら形で先がとがり縁に剛毛が並んで生える。密集して生えるとカーペット状になる。株の中心から高さ 10cmもの細長い花茎を伸ばし,7~8月頃に,茎頂に黄色を帯びた白色の小花を数個つける。花弁は5枚,長さ5~7mm,おしべは 10本,花柱基部から2本に分れる。 蒴果は広卵形で長さ4~5mmとなる。初め色丹島で発見されたのでこの名がつけられた。中部山岳における代表的な高山植物でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シコタンソウ(色丹草)の関連キーワードユキノシタ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android