コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シジェ・ド・ブラバン Siger de Brabant

1件 の用語解説(シジェ・ド・ブラバンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シジェ・ド・ブラバン【Siger de Brabant】

1240ころ‐81か84ころ
中世のアリストテレス主義者,いわゆるラテン・アベロエス主義の代表的哲学者。ベルギー,ブラバン侯爵領出身,パリ大学で哲学を学び,人文学部教授として大きな影響力をふるい,アベロエス(イブン・ルシュド)の解釈を経たアリストテレス哲学を哲学そのものと同一視する学派の中心人物となる。その学説は1270,77年にパリ司教による異端宣告を受け,オルビエトの教皇庁に逃れたが,そこで精神錯乱した彼の秘書に刺殺されたと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シジェ・ド・ブラバンの関連キーワード見所コロヌス所質ころ銭所所ところにころ流しコロリストログ/過去ログ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone