コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

システィーナ礼拝堂

1件 の用語解説(システィーナ礼拝堂の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

システィーナ礼拝堂

15世紀後半、ローマ法王シクストゥス4世の命で建てられた。礼拝堂は奥行き40・23メートル、幅13・41メートル、高さ20・7メートル。「アダムの創造」「楽園追放」など旧約聖書の創世記をテーマにした天井画と、祭壇奥の壁面画「最後の審判」は、いずれもミケランジェロ作のフレスコ画。法王を選ぶ会議コンクラーベ行われる神聖な場所でもある。

(2010-10-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

システィーナ礼拝堂の関連キーワード教皇ローマ法王アウグストゥスタキトゥスパクスローマーナパックスロマーナプラウトゥスブルートゥスアウグストゥス神殿ツァラトゥストラ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

システィーナ礼拝堂の関連情報