コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

システム・セリング systems selling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

システム・セリング
systems selling

製品販売の際に,販売対象をある生産ラインから産出された単一の製品と考えるのではなく,顧客にどのような便益 (ベネフィット) がつくり出されるのかという視点から販売対象をとらえるマーケティングの視点。 T.レビットによって提唱された。たとえば,コンピュータの販売では,ハードウエアソフトウエア,さらに教育と保守が一体となって提供されたとき,顧客が望む事務管理の効率化というベネフィットが生み出される。それは,単なる効率的な計算というコンピュータに対する顧客のニーズを超えた,事務管理のより根源的な問題に対する解決を提供することになる。しかしその一方で,システムにせずハードウエアそれ自体を単品で効率的に販売する方法もある。どちらを選ぶかは,事業定義問題の重要な部分である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android