コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シタール [sitar(ヒンディー)] シタール

1件 の用語解説(シタール [sitar(ヒンディー)]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

シタール [sitar(ヒンディー)]

14世紀頃に考案されたといわれる北インドの代表的な撥弦楽器ラビ・シャンカールによって世界的に知られるようになり、ジャズロックなど、種々の音楽の分野で利用されている。棹の長さは90cm弱で、弓状に湾曲したフレットが16~22ある。胴はふくべのような堅果を半割りにするか、そのような形の木彫りで、響板が張られている。演奏の際は、左手指にヤシ油をつけ、中指と人差指でフレットの上を上下や左右に動かし、弦の上をすばやくすべらせる。腕で楽器を安定させておき、右手の親指を胴の縁につけ、人差指にミズラーブ(針金製の爪)をつけて弦を掻く。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シタール [sitar(ヒンディー)]の関連キーワードターラカリフォルニアロール車匿ビーチサンダルキルマルケダル教会QWERTY上州座繰りフェザーパドル延髄斬り鐙台 (stirrups rubber tread)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone