コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シック反応 シックはんのうSchick test

翻訳|Schick test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シック反応
シックはんのう
Schick test

シック試験ともいう。ジフテリア中毒に対する免疫の有無を検査する方法。ジフテリア毒素を規定どおり薄めた液を皮内に注射し,96時間後に判定する。皮膚に発赤を認めれば陽性で,免疫のない未感染者と認定される。陰性の場合は免疫があるので,予防のためのトキソイドの接種は不要である。 B.シックが開発した検査法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シック‐はんのう〔‐ハンオウ〕【シック反応】

ジフテリアに対する免疫の有無を調べる検査。所定の皮内注射による皮膚反応を見るもの。米国の小児科医シック(B.Schick)が考案。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シック反応
しっくはんのう
Schick test

ジフテリアにかかりやすいかどうか、すなわち免疫の有無や程度を調べる皮膚反応で、1913年オーストリアの小児科医シックによって発見された。少量のジフテリア毒素を前腕内側の皮内に注射すると、一定時日後に発赤や硬結を認めるものを陽性、認めないものを陰性とする。陽性者は毒素に対する抗体がないか、あっても発病を防ぐほどではないので、予防接種を受ける必要がある。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シック反応の関連キーワードベラ シック

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android