コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッテム Shittim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッテム
Shittim

旧約聖書に出てくる死海北東のモアブ平原にあった町アベル・シッテム,またはその周辺の地域をさす。約束の地カナンに向うイスラエルの民がモーセに率いられてここに宿営したが,民はモアブの女に誘惑されてバール神への供犠に加わったとされる (民数記 25,33章) 。この地からヨルダンまではイスラエルの新しい指導者ヨシュアが率いている (ヨシュア記3章) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シッテムの関連キーワード旧約聖書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android