シットウェル(読み)しっとうぇる(英語表記)Sir Osbert Sitwell

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シットウェル(Sir Osbert Sitwell)
しっとうぇる
Sir Osbert Sitwell
(1892―1969)

イギリスの詩人、小説家。シットウェル三姉弟の一人として知られる。代表作に同題の哲学的長編詩を含む編詩『アルゴノートとジャガノート』(1919)があり、戦争や人間の性格を題材に辛辣(しんらつ)な風刺を加えるのを特色とする。小説、戯曲、随筆、評論など文筆活動は多岐にわたったが、とくに5巻にわたる自叙伝(1944~1950)はシットウェル一族の生活を如実に描いたものとして優れている。[沢崎順之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android