コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シテ(能)

能楽事典の解説

シテ(能)

主役。仕手、為手などの字を当て、演技する人をさしていました。
前後二場から成る能では、前シテ、後シテと呼び分けます。多くの曲は、前シテが里人など仮の姿で現れ後シテで本性を現すものですが、前後で別人格を演ずる曲もあります。

出典 社団法人能楽協会能楽事典について 情報

シテ(能)の関連キーワードノートル・ダム大聖堂留め拍子・留拍子仕手方・シテ方粟谷 新太郎アド(狂言)粟谷 益二郎小西 保二郎朝倉 粂太郎豊嶋 敬三郎山口 直知松本 忠宏亀山 雅臣田巻 利夫ワキ(能)下掛宝生流後見(能)観世大夫佐藤 章鵜沢 雅仕手連れ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android