コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シティ(City of London)

外国為替用語集の解説

シティ(City of London)

シティ・オブ・ロンドンニューヨークウォール街と並ぶ金融の中心地。1平方マイル(約2.59平方キロメートル)という狭い地域に証券取引所イングランド銀行を始め多くの金融機関が並ぶ。独自の警察を持つ特別行政府(自治区)で、国王は市長の許可無く入ることができない。一般にロンドンと言う場合は大ロンドン(Greater London)を指し、シティと32の区からなる。紀元前43年にローマ帝国により築かれた砦の内側が現在のシティで、ロンドン発祥の地となる。18世紀にロイズ保険機構、イングランド銀行が設立され、現代の保険・金融都市としてのロンドンの基盤ができた。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報