コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シティズンバンド citizen’s band

世界大百科事典 第2版の解説

シティズンバンド【citizen’s band】

略称CB。一般市民用の無線周波数帯のことであるが,シティズンバンド・ラジオ(市民ラジオ)を指すことが多い。市民ラジオは1961年に日本でも制度化されたが,パーソナル無線の導入を機に,83年からは技術基準適合証明マークをつけた無線機であれば免許は不要となった。27MHz帯の電波で電力が0.5Wのため,市街地で1~2km,郊外で4~5km,海上でも10kmが到達限界である。携帯型の無線機を使い送信,受信を交互に行うが,バンド内の八つの周波数を共用するため,通信距離が長くなると混信が多くなって確実な通信がむずかしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シティズンバンドの関連キーワード簡易無線