コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シテ方(能)

能楽事典の解説

シテ方(能)

現在、シテ方には五つの流儀(観世金春宝生、金剛、喜多)があります。喜
多流以外の四流は、能の大成以前からあった猿楽座の一つである大和猿楽四座(四つの劇団)の名残です。
それぞれ六〇〇年以上の歴史を持っています。
喜多流は、新しく江戸時代初期に創立が公認された流儀です。それでも、四〇〇年以
上の歴史があります。
・それぞれが、違った劇団であったわけですから、芸風はもちろん、レパートリーなども当然異なっていました。
江戸時代からは、上演曲目のほとんどが共通するようになりました。
ただ、各流派によって詞や節回し扮装、演出が少しずつ違います。
この違いを見比べるのも、能の鑑賞の一つの見どころと言えます。

出典 社団法人能楽協会能楽事典について 情報

シテ方(能)の関連キーワード片山 九郎右衛門(9代目)観世 銕之丞(7代目)観世 銕之丞(8代目)観世 左近(24代目)観世 銕之丞(6代目)観世 銕之丞(5代目)観世 喜之(2代目)金剛 巌(2代目)金剛 巌(初代)豊嶋 弥左衛門粟谷 新太郎豊嶋 敬三郎橋岡 久太郎粟谷 益二郎津村 紀三子南条 秀雄三川 寿水観世 元正久田 秀雄豊嶋 一喜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シテ方(能)の関連情報