コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シデシャジン(四手沙参) シデシャジンPhyteuma japonicum(Asyneuma japonicum)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シデシャジン(四手沙参)
シデシャジン
Phyteuma japonicum(Asyneuma japonicum)

キキョウ科の多年草で,アジア東部の温帯に分布する。日本では本州と九州の一部に自生し,山地に生える。全体に粗毛を散生し,茎は直立して高さ 50~100cmとなり,根茎は横にはう。葉は互生し長さ5~12cm,幅 2.5~4cmの長楕円形で縁に鋸歯がある。下部の葉には柄があるが上部にゆくと無柄となる。8月頃,茎頂に総状花序をつけ多数の紫色の花を開く。包葉と萼は線形花冠は深く5裂し,その各裂片も線形で長さ約 1cmあり,反曲するため離弁花状にみえる。 蒴果は径5~6mmのやや扁平な卵形をなす。細かく切れた花冠を神事に用いる四手に見立ててこの名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シデシャジン【シデシャジン(四手沙参) Asyneuma japonicum (Miq.) Briq.】

キキョウ科の多年草で,日当りのよい草地に生え,青紫色の花が咲く。シャジンの名はあるが,ツリガネニンジン属とは異なり,花冠は基部近くまで5裂して裂片は反り返る。その形が四手にたとえられた。本州,九州のほか,朝鮮や中国東北部など極東地域に広く分布している。茎は高さ50~100cm,葉は卵形で互生し,長さ5~12cm,幅2.5~4cm,下葉には長い柄があるが,上の葉ほど小さく柄は短い。花は総状につき,径2.5cmほど,放射相称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シデシャジン(四手沙参)の関連キーワードキキョウ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android