コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シデシャジン(四手沙参) シデシャジン Phyteuma japonicum(Asyneuma japonicum)

2件 の用語解説(シデシャジン(四手沙参)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シデシャジン(四手沙参)
シデシャジン
Phyteuma japonicum(Asyneuma japonicum)

キキョウ科の多年草で,アジア東部の温帯に分布する。日本では本州と九州の一部に自生し,山地に生える。全体に粗毛を散生し,茎は直立して高さ 50~100cmとなり,根茎は横にはう。葉は互生し長さ5~12cm,幅 2.5~4cmの長楕円形で縁に鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シデシャジン【シデシャジン(四手沙参) Asyneuma japonicum (Miq.) Briq.】

キキョウ科の多年草で,日当りのよい草地に生え,青紫色の花が咲く。シャジンの名はあるが,ツリガネニンジン属とは異なり,花冠は基部近くまで5裂して裂片は反り返る。その形が四手にたとえられた。本州,九州のほか,朝鮮や中国東北部など極東地域に広く分布している。茎は高さ50~100cm,葉は卵形で互生し,長さ5~12cm,幅2.5~4cm,下葉には長い柄があるが,上の葉ほど小さく柄は短い。花は総状につき,径2.5cmほど,放射相称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シデシャジン(四手沙参)の関連キーワードヒナギキョウ(雛桔梗)雀の稗庭石菖犬磚子苗大油薄カワラサイコクサフジトモエソウノウルシヤマボクチ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone