シドニウス・アポリナリス(英語表記)Gaius Sollius Apollinaris Sidonius

世界大百科事典 第2版の解説

430ころ‐480から490
古代末期ガリアのローマ貴族リヨン名家に生まれ,オーベルニュの名門貴族アウィトゥスの娘と結婚。455年西帝に推されローマに赴く岳父に同行し,翌年元日に頌詩献呈。同456年アウィトゥス帝が失脚・死去すると,ガリア貴族層の中に謀反の動きが生じるが,彼はこれに参加せず自重したと思われ,458年リヨンで新帝マヨリアヌスに頌詩を献じ,同帝の下で官職に就いた。同帝の死(461)後は在野生活に甘んじていたが,467年アンテミウスが登位するとオーベルニュの陳情を託されてローマに赴き,同帝に頌詩を献じてローマ都督に任じられた(468)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシドニウス・アポリナリスの言及

【ラテン文学】より

…世俗詩人も6世紀中葉のコリップスCorippusあたりが最後であろう。 5世紀後半から6世紀にかけてのキリスト教作家には,シンマクスの後継者といえるほどの技巧派の修辞家シドニウス・アポリナリス,キリスト教と世俗の両方のテーマを歌った詩人ドラコンティウスDracontius,古典の教養を顕示した演説家エンノディウスEnnodius,最後の詩人ウェナンティウス・フォルトゥナトゥスVenantius Fortunatus,《フランク史》の著者トゥールのグレゴリウス,教皇グレゴリウス1世などがいる。カッシオドルスは古典研究を神学研究に取り入れて,中世修道院を学問所とする道を開いた。…

※「シドニウス・アポリナリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android