コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シネマコンプレックス(シネコン)

1件 の用語解説(シネマコンプレックス(シネコン)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シネマコンプレックス(シネコン)

一つのスペースに複数(おおむね五つ以上)のスクリーンを持つ映画館。93年に開館したワーナー・マイカル・シネマズ海老名(神奈川県)が日本の第1号とされる。日本映画製作者連盟の10年の統計によると、全国3412スクリーンのうち、シネコンが81%を占める。96年に1億1千万人台まで落ち込んだ年間入場者数は昨年、1億7千万人台に回復した。

(2011-07-01 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シネマコンプレックス(シネコン)の関連キーワードカラースペース大棟デッドスペースパイプスペーススペースニードルフリースペースラゲージスペースイヌリンスペース単位料金区域(MA)省スペース