コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノノメソウ(東雲草) シノノメソウSwertia swertopsis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノノメソウ(東雲草)
シノノメソウ
Swertia swertopsis

リンドウ科の二年草。伊豆半島以西,四国,九州の深山に生えるが数は少い。全草無毛で平滑。茎は細い四角形で直立し高さ 30~50cmになり,まばらに枝を出す。葉は少数対生し,薄い膜質,深緑色で平行脈が目立つ。花は6月頃,葉腋や茎頂に散形状に数個ずつ集ってつく。は淡緑色で5深裂し,裂片は線形でとがり背面に稜がある。花冠は萼片とほぼ同長で白色の鐘形,5深裂,半開し,裂片は広卵形で先がとがり,内面上部に紫斑がある。おしべは5本で短く,花冠下部に付着する。柱頭の先は2裂する。アケボノソウ (曙草) に似るため,同意の東雲草と名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シノノメソウ(東雲草)の関連キーワードリンドウ科

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android