コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビル・ハーン国 シビルハーンこくSibir Khān(Han)

1件 の用語解説(シビル・ハーン国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シビルハーンこく【シビル・ハーン国 Sibir Khān(Han)】

15世紀末にジュチ血を引くシャイバーン家のイバクIbakが,13世紀以来西シベリアイルティシ川中流域とトボル川下流域とを支配してきたタイブガTaybuga家と姻戚関係を結び,やがて統治の実権を握ったことに始まる。イルティシ川に臨むカシリクKashlik(シビル,イスケル。トボリスクの17km上流)を首都として,西方ではカザン・ハーン国,南方ではカザフハーン国に隣接し,特産の毛皮類が中央アジア方面に輸出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone