コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シビル・ハーン国 シビルハーンこく Sibir Khān(Han)

1件 の用語解説(シビル・ハーン国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シビルハーンこく【シビル・ハーン国 Sibir Khān(Han)】

15世紀末にジュチ血を引くシャイバーン家のイバクIbakが,13世紀以来西シベリアイルティシ川中流域とトボル川下流域とを支配してきたタイブガTaybuga家と姻戚関係を結び,やがて統治の実権を握ったことに始まる。イルティシ川に臨むカシリクKashlik(シビル,イスケル。トボリスクの17km上流)を首都として,西方ではカザン・ハーン国,南方ではカザフハーン国に隣接し,特産の毛皮類が中央アジア方面に輸出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シビル・ハーン国の関連キーワードバージナル腕を引く尾を引くジュチ血を引く二十世紀棒を引く婆を引くコマーシャルダイバー射位

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone