コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフィノウイシチェ Świnoujście

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフィノウイシチェ
Świnoujście

ポーランド北西部,ザホドニョポモルスキェ県の都市。オドラ川 (オーデル川 ) の注ぐシュチェチン湾の北方,バルト海ウズナム (ドイツ名ウゼドム) 島東岸,ドイツとの国境付近に位置する。 12世紀頃から漁村があったが,戦略上の要地として,しばしばデンマーク,スウェーデン,ドイツなどの侵略を受けた。 19世紀にはドイツの海軍基地。近代以降はシュチェチンの外港,ポーランド最大の漁港,貿易港として重要な役割を果たす。水産物加工,造船が主産業。海水浴場,保養地としても有名。人口4万 1796 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android