シフノス人の宝庫(読み)シフノスジンノホウコ

デジタル大辞泉の解説

シフノスじん‐の‐ほうこ【シフノス人の宝庫】

Thisauros ton SifnionΘησαυρός των Σιφνίων》ギリシャ中部、パルナソス山麓の古代都市デルフォイにある宝庫。シフノス島の金鉱採掘で富を得た島民により献納された。イオニア式の建物で、玄関部分にあった2本のカリアティード(柱状の女性彫像)や破風のレリーフは、現在、遺跡の近くにあるデルフォイ博物館に展示されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android