シベリア抑留と遺骨収集

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シベリア抑留と遺骨収集

1945年8月8日、旧ソ連が日ソ中立条約を破棄して対日宣戦布告し、旧満州などに侵攻。終戦後に日本兵らは捕虜としてシベリアなどの収容所で森林伐採などの強制労働に従事させられた。厚生労働省によると計約57万5千人、酷寒飢え重労働で約5万5千人が死亡した。国の遺骨収集は91年から始まり、今年7月末までに約1万9500柱が収容された。

(2015-08-24 朝日新聞 朝刊 石川全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android