コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマサルスベリ(島猿滑) シマサルスベリLagerstroemia subcostata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマサルスベリ(島猿滑)
シマサルスベリ
Lagerstroemia subcostata

ミソハギ科の落葉高木。屋久島以南の南西諸島 (琉球列島) から台湾にかけての山地の林内に生える。高さ3~6mで,枝はよく分枝し淡褐色若枝には4本のひれ状の稜がある。葉は短い柄があって対生し,長さ3~8cmの楕円形で先端がとがる。真夏に,枝先の円錐花序に多数の白花をつける。花はサルスベリ (猿滑) の花によく似るがやや小型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android