コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマサルスベリ(島猿滑) シマサルスベリ Lagerstroemia subcostata

1件 の用語解説(シマサルスベリ(島猿滑)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマサルスベリ(島猿滑)
シマサルスベリ
Lagerstroemia subcostata

ミソハギ科の落葉高木。屋久島以南の南西諸島 (琉球列島) から台湾にかけての山地の林内に生える。高さ3~6mで,枝はよく分枝し淡褐色,若枝には4本のひれ状の稜がある。葉は短い柄があって対生し,長さ3~8cmの楕円形で先端がとがる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シマサルスベリ(島猿滑)の関連キーワードミソハギ科権萃唐楝大葉柳猿滑塩地科の木屋久島空港ドロノキ鹿児島県熊毛郡屋久島町永田

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone