コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムシル[島] Simushir

1件 の用語解説(シムシル[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シムシル[島]【Simushir】

千島列島中部の,ロシア統治下の火山島。日本名は新知(しんしる)島。南西はブソール水道(北ウルップ水道)をへだててチルポイ(知里保以(ちりほい))島に,北東はシムシル海峡をへだててケトイ(計吐夷)島に連なる。北東~南西に長く,長さ約60km,幅7~10kmで,面積約320km2。北端に沈水カルデラブロートン(武魯頓)湾,中央に三重式火山(東外輪山の標高623m)と緑湖(深さ27mのカルデラ湖),および美しい円錐火山で標高1360mのプレボ山(新知富士),南端近くにミリナ山(新知岳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シムシル[島]の関連キーワードウルップ島小笠原国立公園千島千島火山帯千島列島母島フロレス島火山島樺太千島交換条約南千島

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone