コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムシル[島] Simushir

1件 の用語解説(シムシル[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シムシル[島]【Simushir】

千島列島中部の,ロシア統治下の火山島。日本名は新知(しんしる)島。南西はブソール水道(北ウルップ水道)をへだててチルポイ(知里保以(ちりほい))島に,北東はシムシル海峡をへだててケトイ(計吐夷)島に連なる。北東~南西に長く,長さ約60km,幅7~10kmで,面積約320km2。北端に沈水カルデラブロートン(武魯頓)湾,中央に三重式火山(東外輪山の標高623m)と緑湖(深さ27mのカルデラ湖),および美しい円錐火山で標高1360mのプレボ山(新知富士),南端近くにミリナ山(新知岳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone