シムシル[島](英語表記)Simushir

世界大百科事典 第2版の解説

シムシル[島]【Simushir】

千島列島中部の,ロシア統治下の火山島。日本名は新知(しんしる)島。南西はブソール水道(北ウルップ水道)をへだててチルポイ(知里保以(ちりほい))島に,北東はシムシル海峡をへだててケトイ(計吐夷)島に連なる。北東~南西に長く,長さ約60km,幅7~10kmで,面積約320km2。北端に沈水カルデラのブロートン(武魯頓)湾,中央に三重式火山(東外輪山の標高623m)と緑湖(深さ27mのカルデラ湖),および美しい円錐火山で標高1360mのプレボ山(新知富士),南端近くにミリナ山(新知岳。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android