コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメ(鴲) シメ hawfinch

翻訳|hawfinch

1件 の用語解説(シメ(鴲)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シメ【シメ(鴲) hawfinch】

スズメ目アトリ科の鳥(イラスト)。全長約18cm,スズメよりひと回り大きい。ずんぐりした灰褐色の鳥で,円錐形の大きなくちばしが特徴。雌雄はほとんど同色。頭上は濃い褐色,眼先とのどが黒い。尾の先が白く,飛ぶときに少し開くので目だち,また翼の白い2条もよく見える。くちばしは先が鋭くとがり,冬は白黄色だが,夏は鉛色となる。行動はのっそりしている。ユーラシア大陸の温帯,亜寒帯に広く分布する。日本では北海道で繁殖し,本州以南で冬を過ごす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シメ(鴲)の関連キーワード楓鳥花鳥小椋鳥猿子入内雀紅雀花鶏岩雲雀川烏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone