コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シメオン1世(大帝) シメオンいっせい[たいてい]Simeon I, Veliki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シメオン1世(大帝)
シメオンいっせい[たいてい]
Simeon I, Veliki

[生]864/865
[没]927
第1ブルガリア帝国皇帝 (在位 893~927) 。ボリス1世ミハイルの末子。人質としてビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルで育ち,キリスト教神学やギリシア古典文学,哲学を学ぶ。ブルガリア皇帝に即位後,ビザンチンの帝位を夢みて前後3回 (894~897,913~914,919~924) コンスタンチノープルに迫り,貢納を約束させた。またベッサラビア,マケドニア,アルバニア,セルビアを制圧してバルカンの大半を支配し,ブルガリアを同時代のヨーロッパ最大,最強の国の一つとした。 924年ブルガリア教会をコンスタンチノープルから独立させ,スラブ人最初の国民教会の創始者となり,925年「ブルガリア人とローマ人の皇帝にして専制君主」と号した。学芸の保護育成に努め,首都プレスラフの宮廷は文化の一大中心となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シメオン1世(大帝)の関連キーワードブルガリア文学ブルガリア史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android