シモフリスズメ(霜降天)(読み)シモフリスズメ(英語表記)Psilogramma increta

世界大百科事典 第2版の解説

シモフリスズメ【シモフリスズメ(霜降天) Psilogramma increta】

目スズメガ科の昆虫。翅の開張10cm内外。前翅に灰白色,黒鱗を散布する。黒色の横帯が3本あるが,いずれも前縁部からしだいに細まり,薄くなる。2本の縦線と翅頂から出る黒線は濃い後翅はビロード状に黒く,後角近くが白っぽい。幼虫は老熟すると体長8cm内外に達し,青緑色の地に腹部の各環節には白線があり,尾角(びかく)という第8節の突起は1.2cm内外,円錐形の小突起を密生している。幼虫の中には緑色型のほか褐色型や中間型もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android