シャコガイ(硨磲貝)(読み)シャコガイ

世界大百科事典 第2版の解説

シャコガイ【シャコガイ(硨磲貝)】

シャコガイ科シャコガイ属Tridacnaの5種の二枚貝の総称であるが,とくにオオジャコガイを指すこともある(イラスト)。この仲間は大型で熱帯太平洋やインド洋のサンゴ礁にすむ。殻は厚くて表面には殻頂から太くて低い肋が出て波状になり,ときに肋の上にひれ状の突起が並ぶ。ふつうの二枚貝とは逆に,殻の開く腹側を上にしてサンゴ礁の上やサンゴ礁に穴を掘って中に入ったりしている。軟体は殻の中で上下逆になっており,えらも背側にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android