コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャジクソウ(車軸草) シャジクソウTrifolium lupinaster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャジクソウ(車軸草)
シャジクソウ
Trifolium lupinaster

マメ科の多年草。東アジアの亜寒帯,シベリア,中央アジア,ヨーロッパ,アラスカに分布し,日本では中部地方以北の山地草原,海岸の岩の上などに生える。茎は叢生し高さ 20~40cmになり,葉を互生する。葉柄は短く,托葉合生する。葉はやや放射状に配列する3~5枚の小葉からなる。和名はこの小葉の配列に注目したもので,そのほかボサツソウ (菩薩草) ,アミダガサ (阿弥陀笠) とも呼ばれる。6~8月,短い柄の先に 10~20個の花を頭状につける。花は紅紫色,蝶形で長さ 12~14cmほどになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android