コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャッダード朝 シャッダードちょうShaddādids; Shaddādiyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャッダード朝
シャッダードちょう
Shaddādids; Shaddādiyān

イラン,アッラーン地方を支配したクルド系王朝 (951?~1075) 。ムハンマド・イブン・シャッダードがアルメニアのドゥビンで創始。その後サッラール朝を駆逐してガンジャを中心にアッラーンに勢力を確立。アブル・アスバール (在位 22~67) のとき,ビザンチン,グルジア,アルメニアの諸勢力によく抗して最盛期を築いたが,1054年セルジューク朝の宗主権下に入り,75年領土を没収されて滅びた。なお同朝の他の系統は 1161年までアニの知事として存続した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャッダード朝の関連キーワードラウワード朝サッラール

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android