シャニダール人(読み)シャニダールじん(英語表記)Shanidar man

世界大百科事典 第2版の解説

シャニダールじん【シャニダール人 Shanidar man】

西アジア地域のネアンデルタール人類。北部イラク,西ザーグロス山系のシャニダール洞窟からR.S.ソレッキーらによってムスティエ文化の遺物とともに発見された。この人類が生息したのはウルム氷期で,炭素14法の年代測定で4万6900年前と推定されている。この人類の形質は一見してはヨーロッパのネアンデルタール人類と似てはいるが,前頭部,後頭部が丸くふくらみ,頭高が高いことなど,西アジアに特有なネアンデルタール人類としての形質を示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android