コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャハラ シャハラShahara

デジタル大辞泉の解説

シャハラ(Shahara)

イエメン北西部の町。標高2800メートルの急峻(きゅうしゅん)な山岳地域にあり、要塞化された集落はオスマン帝国の攻撃に耐えたことで知られる。天空の橋とよばれる、断崖にかかる石造のアーチ橋が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シャハラの関連キーワードサライコーラ遺跡シュメール子ども読書推進法LINEKindle FireUIゼンセン同盟サウジアラビア沖縄の米軍基地と米軍横須賀基地元神戸市議の汚職事件札幌の路面電車

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャハラの関連情報