コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャムシアダド[1世] Shamshi‐Adad I

世界大百科事典 第2版の解説

シャムシアダド[1世]【Shamshi‐Adad I】

アッシリア王。在位,前1813‐前1781年。その治世の最後の11~12年ほどはバビロンのハンムラピ王の治世の初めに重なる。父はイラカブカブ。一時バビロニアに滞在したこともあったようだが,やがて北上しエカラートゥムを占領,次いで時のアッシリア王エリシュム2世Erishum IIを追放して自らアッシリア王となった。彼はアッシリアの出身ではなくアモリ(アムル)系で,ハンムラピ王一族とは同じ先祖を共有していたことが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャムシアダド[1世]の関連キーワードペグマタイトアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー式亭三馬バイロンライプツィヒ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android