コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラントマリティム県 シャラントマリティムCharente-Maritime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラントマリティム〔県〕
シャラントマリティム
Charente-Maritime

旧称 (1941まで) シャラントアンフェリユール県 Charente-Inférieure。フランス西部,ポアトゥーシャラント地域 (レジオン) の県。大西洋にのぞみ,レ島オレロン島を含む。県都ラロシェル。大部分が石灰岩質の台地,平原で占められ,穀物が栽培される。海岸平野,北部バンデ河谷ではウシが飼われ,上質バターを産する。マレンヌ付近を中心に,カキなどの養殖も盛ん。シャラント川をはじめとする河谷斜面ではブドウが栽培されていたが,近年は牧畜が発展。面積 6864km2。人口 52万 7146 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャラントマリティム県の関連キーワードロシュフォールサントンジュサントオニス旧称

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android