コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラー Schaller, Julius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラー
Schaller, Julius

[生]1807
[没]1868
ドイツの哲学者。ヘーゲル学派中央派に属し,ヘーゲルの方法を心理学に導入した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

シャラー

生年月日:1807年7月13日
ドイツの哲学者
1868年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

シャラーの関連キーワードヤージュニャバルキヤ法典サルヴァトーレ アダモミタークシャラー学派ダルマ・シャーストラダーヤバーガ学派マウンテンゴリラヘーマチャンドラマーシャリングオクチャーブリS. アダモマハービーラダーヤバーガジャイナ教マイソール生年月日採炭機械ライオンゴリラパンダ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャラーの関連情報