コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリンバイ(車輪梅) シャリンバイRaphiolepis umbellata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャリンバイ(車輪梅)
シャリンバイ
Raphiolepis umbellata

バラ科の常緑低木。関東地方より西の暖地海岸に自生し,また庭木や公園樹として各地で栽培される。高さ約 1mでよく分枝する。卵形または広楕円形,葉質は厚くて硬く,暗緑色で縁に細かい鋸歯があり多少裏側へそり返る。5月頃,枝先に円錐花序をつけ多数の白花をつける。花は5弁で径1~1.5cm,多数のおしべがあってナシの花に似ている。果実は球形で黒く熟し,多少白い粉をふく。葉の丸いマルバシャリンバイや葉の小さいヒメシャリンバイなどの品種があり,伊豆七島や小笠原などの海岸のものは変異が多い。樹皮および材にタンニンを4~5%含み,大島紬の褐色の染色に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャリンバイ【シャリンバイ(車輪梅) yeddo hawthorn】

おもに海岸に見られるバラ科の常緑低木または小高木(イラスト)。和名は,枝と花の形からついた。高さ1~4m,枝は車輪状にひろがり,灰黒色になる。葉は厚く堅くて暗緑色,縁には鋸歯がまばらにあるかほとんどなく,長さ5~10cm,形は狭卵形から円形に近い広卵形まで変異が多い。とくに葉の丸いものは,マルバシャリンバイの名で区別されることもある。花は枝先に5月ころ咲き,花冠は径1~1.5cm,花弁は5枚で白色,円形または倒卵形,おしべは20本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャリンバイ(車輪梅)の言及

【大島紬】より

…その結果総蚊絣文様による精巧緻密な製織,色大島,摺込み抜染技術などによる多色染大島,あるいは白大島の開発などをみるにいたった。大島紬は経絣,緯絣,経緯絣と種類も多く,またテーチギ(和名シャリンバイ)の煎汁液に糸を浸し,鉄分の多い泥水につけて媒染し,焦茶色に発色させる泥染は伝統的な技法として今日も受けつがれている。現在は名瀬市を中心とする奄美産地のほかに鹿児島市でも広く生産され,奄美地区は経緯絣を,鹿児島地区は緯絣を生産の主体としている。…

※「シャリンバイ(車輪梅)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シャリンバイ(車輪梅)の関連キーワードムニンビャクダン(無人白檀)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android