コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル(豪胆公) シャルル[ごうたんこう]Charles le Téméraire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル(豪胆公)
シャルル[ごうたんこう]
Charles le Téméraire

[生]1433.11.10. ディジョン
[没]1477.1.5. ナンシー郊外
フランスの最後のブルゴーニュ公 (在位 1467~77) 。果敢公とも訳される。ルイ 11世のもとに国内統一が進行した時期に,王に対抗し,独立貴族の連合体として「公益同盟」を結成。ブルゴーニュを中心にフランドル,ロレーヌなど,周辺地域に勢力を拡大し,フランスから独立した王国の建設を目指したが果さず,1476年スイスのグランゾン,モラーの戦いで敗れ,翌 77年1月ロレーヌのナンシー郊外で戦闘中に没した。父はブルゴーニュのフィリップ (善良公) ,妻はイングランド王エドワード4世の妹マーガレット。娘マリ (→マリア) が神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と結婚したので,彼の死後フランドルはハプスブルク家の所領になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャルル(豪胆公)の関連キーワードマクシミリアン(1世)マリア[ブルグント]スイス史(年表)フリードリヒ3世フランシュコンテブルゴーニュ戦争ルイ[11世]ピカルディーラ・マルシュリエージュルイ11世アシェットボーベーモリネ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android