シャルル(読み)しゃるる(英語表記)Jacques-Alexandre-César Charles

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルル(Jacques-Alexandre-Csar Charles)
しゃるる
Jacques-Alexandre-Csar Charles
(1746―1823)

フランスの物理学者。ボージェンシー生まれ。初めパリで役人をしていた。33歳のときフランクリンに出会い、実験物理学の勉強を始めた。1782年以降、機械技師ロベール兄弟、兄アンヌ・ジャンAnne-Jean Robert(1758―1820)、弟ニコラ・ルイNicolas-Louis Robert(1761―1828)、とともに気球製作にとりかかり、当時、熱気球の研究をしていたモンゴルフィエ兄弟に対して、水素気球方式で開発を競い、1783年9月モンゴルフィエが成功し、シャルルらは同年12月1日、「40万人の群衆の前で」飛行に成功した。この成功により以後の気球は水素方式が主流となった。また気体の熱膨張に関する「シャルルの法則」でも知られる。「気体は一定圧力のもとでは温度に比例してその体積を増加する」というもので、1787年にみいだしたが、これはのちにゲイ・リュサックにより確立されたため、ゲイ・リュサックの法則ともいわれ、ボイルの法則とあわせ、ボイル‐シャルルの法則としても知られる。[高山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャルルの関連情報