シャルル(読み)しゃるる(英語表記)Jacques-Alexandre-César Charles

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルル(Jacques-Alexandre-Csar Charles)
しゃるる
Jacques-Alexandre-Csar Charles
(1746―1823)

フランスの物理学者。ボージェンシー生まれ。初めパリで役人をしていた。33歳のときフランクリンに出会い、実験物理学の勉強を始めた。1782年以降、機械技師ロベール兄弟、兄アンヌ・ジャンAnne-Jean Robert(1758―1820)、弟ニコラ・ルイNicolas-Louis Robert(1761―1828)、とともに気球製作にとりかかり、当時、熱気球の研究をしていたモンゴルフィエ兄弟に対して、水素気球方式で開発を競い、1783年9月モンゴルフィエが成功し、シャルルらは同年12月1日、「40万人の群衆の前で」飛行に成功した。この成功により以後の気球は水素方式が主流となった。また気体の熱膨張に関する「シャルルの法則」でも知られる。「気体は一定圧力のもとでは温度に比例してその体積を増加する」というもので、1787年にみいだしたが、これはのちにゲイ・リュサックにより確立されたため、ゲイ・リュサックの法則ともいわれ、ボイルの法則とあわせ、ボイル‐シャルルの法則としても知られる。[高山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャルルの関連情報