シャルル[6世](英語表記)Charles VI

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル[6世]【Charles VI】

1368‐1422
バロア朝第4代のフランス国王。在位1380‐1422年。シャルル5世の子。12歳で即位した当初,摂政となった父方の叔父アンジュー,ベリー,ブルゴーニュの諸公,母方のブルボン公が親王領(アパナージュ)を基盤に支配権を拡大,増税に苦しむ民衆の反乱も相次いだ。親政がはじまってから4年後(1392),彼は発狂し,国内諸貴族は相対立するオルレアン公を中心とするアルマニャック派とブルゴーニュ公を中心とするブルゴーニュ派に分裂した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android