コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル[6世] Charles VI

1件 の用語解説(シャルル[6世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル[6世]【Charles VI】

1368‐1422
バロア朝第4代のフランス国王。在位1380‐1422年。シャルル5世の子。12歳で即位した当初,摂政となった父方の叔父アンジュー,ベリーブルゴーニュの諸公,母方のブルボン公が親王領(アパナージュ)を基盤に支配権を拡大,増税に苦しむ民衆の反乱も相次いだ。親政がはじまってから4年後(1392),彼は発狂し,国内諸貴族は相対立するオルレアン公を中心とするアルマニャック派とブルゴーニュ公を中心とするブルゴーニュ派に分裂した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャルル[6世]の関連キーワードオイル語フィリップブロアアングロアラブカペー朝ガロア虫ババロアブルボン王朝ランボウルフランケル法 (Frankel method)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone